白い家

害虫の問題

ヘルメットを差し出す作業員

シロアリ駆除にかかる費用

シロアリは住宅に住み着き木材やコンクリートを食べてしまう日本でも有名な害虫の一つです。シロアリは主に空や地中から侵入してきますが、特に地中からの侵入の場合はコンクリートに穴を開けたり管の中から入ってきたりと様々な方法で侵入し巣を作ってしまうため、シロアリの存在に気付くころには既に大きな被害が出てしまっていることも珍しくはありません。シロアリの駆除は業者に頼むのが一番です。料金は基本的に1坪単位で計算しており、平均的には6000円から9000円ほどで3LDKの一軒家では合計で10万円ほどかかります。駆除の方法には2種類あり、薬剤を使用して駆除ではなく侵入を出来なくする方法とベイト剤を設置して巣ごと駆除する方法があります。ベイト剤を使用する方法は大体16万円ほどかかり、薬剤を使用するより高価ですが薬剤を使用しないためペットや赤ん坊がいる家庭ではこちらの方法を使用したほうが良いでしょう。ただし、薬剤を使用した場合はすぐに効果が現れるので既に大きな被害を受けている場合は薬剤を使用した方が良いでしょう。シロアリ駆除の業者には悪徳業者も多いので、事前に入念な下調べをしてから頼みましょう。

白蟻から受ける被害と対策の歴史

シロアリは地中に巣を作り木を内部から食べていくため、家の表面には変化が現れ難い為非常に気付きにくいです。シロアリの被害で家が崩れること自体は殆どありませんが、耐震性能や耐久性に大きな影響を与える為こまめな対策が必要です。シロアリは平安時代には既に日本に生息していたと言われており、そのため日本では古くから多くの対策がされていました。シロアリの駆除や予防を専門とした業者が現れたのは明治時代頃だと言われています。大正時代頃は薬剤が非常に高価で、何と駆除代には現在の値段に換算して100万〜200万も掛かっていたそうです。その為、当時の人たちは焼却したり熱湯を使用したりして駆除していました。その後、1950年頃に登場したクロルデンをはじめとしてクロルピリホスなど、効果と人体への影響と相談しながら様々な試行錯誤を積み重ねて対策に改良を重ねていきました。現在では青色LED光に殺虫効果の発見がされており、日本の技術の発達をうかがうことが出来ます。

害虫を駆除する

メーター工事

シロアリは、住宅の木材を食べてしまう厄介な害虫です。シロアリは本来、駆除よりも予防が大切であり、シロアリの被害を発見したときにはもう手遅れになっている場合があります。

Read more

トラブル問題

屋根の上で工事

鳩というのは、日本人にとって平和の象徴の鳥です。ですが鳩は時に人間へ被害を与えてしまうため、場合によっては駆除を考えておく必要があります。専門業者に依頼することで効率的に駆除ができます。

Read more

生き物の被害

カラーコーン

蜂は、昔からいる生き物であり、小さい頃には一度は刺された経験をお持ちの方は多くおられると思います。蜂の巣を見つけた場合は殺虫剤で追い払う方法と専門業者に依頼をする方法があります。

Read more

蜂によるトラブル

作業員の背中

蜂の巣が万一自分の居住スペース近くに発見された場合には、大きければ大きいほど、蜂の数が多ければ多いほど、退治する必要性もあります。これから安心した生活を送るために駆除は欠かせません。

Read more

注目の記事

>>Back to TOP
Design by Megapx . Template by s-hoshino.com